サリダチェア YL9G-R ゲーミングモデルを購入レビュー。

イトーキのサリダチェア YL9G ゲーミングモデルを購入してみた。


 

2018年3月に購入したAKRACING ゲーミングチェア PRO-X-GREYが3年持たずにレザーの表皮がボロボロになって騙し騙し使っていた。
ボロボロになるとは聞いてはいたけこんなに早くなるとは思ってなかった。
ゲーミングチェアーの悪いところは座面の両側にサポートが張り出しているところ。
これが窮屈で購入当初から不満だった。
なのでゲーミングチェアはもう買わないと思っていた。

 

 

 

次のチェアーを何にしようかと色々探していてオカムラのコーラルが良さそうだと思っていたけど中古でも送料いれて7万もするから試座しないで買える値段ではないと思い買えずにいた。
そんな時に見つけたのがサリダチェア YL9G-R ゲーミングモデル。
サリダチェアーの不評だった場所を改良したモデルとして4月に発売されたばっかり。
ただ、田舎なので試座出来る場所も無いけど新品で4万ちょっと。
ちょうどAmazonのタイムセールで36000円くらいまで値下げされていたので勢いで購入してしまった。
品切れで一ヶ月ほど先のお届予定になっていたけど10日程で届きました。

 

 

 

箱を開けるとこんな感じに入っていた。

 

 

 

20分ほどで完成。
キャスターがプラスチック製が付いているけどAKRACINGに付いていたポリウレタン製のキャスターに交換しておいた。
ノーマルとゲーミングモデルとの違いは座面の厚みが増して長時間座ってもお尻が痛くならない。
肘置きが高機能な可動肘になった。
差し色に赤が入った。
キャスターアームが金属からプラに変わった感じ。

 

 

 

座った感じは思った以上に普通。
エラストマー樹脂製の背もたれで見た目が硬そうだけど気にはならない。
普通に座る分には快適に座れます。

 

 

 

1つ欠点としては樹脂の端っこの部分が肩甲骨に当たって痛い。
背が185cmあるので肩の高さがちょうど硬い部分に来る。
普通に座っている分には大丈夫だけど伸びをしたり強めに寄っかかったりすると食い込む感じ。
これはもうしょうがないと思うんですよ。
高身長用の椅子なんてそうそう無いだろうし。
この部分が解消されれば安くて良い椅子になれたかもしれない。

 

 

 

これも事前に調べた時にわかっていたことだけど、肘置きが前すぎる問題。
ゲーミングモデルになって位置も改善されたのかなと思っていたけどやっぱり前すぎる。
自分的には机に体を近づけたいので左右逆に取り付けしました。
こうすると肘置きの位置調整で良い位置に来ました。

ゲーミングチェアで180度近くまで倒れるリクライニングだったので角度がちょっとしか倒れないもが物足りない。
ヘッドレストがあるけど寝れる感じではないですね。

肩甲骨が痛いっていう最大の不満はあるものの3万円台で買える値段の割には普通に座れる椅子なのでいかにもなゲーミングチェアより気に入りました。

 

Advertisements
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。