玄関先にATOM Cam Swingを取り付けた。

放置していたATOM Cam Swingを玄関先に取り付けました。

 

 

 

 

 

ATOM Cam Swingを吊り下げたりする必要があり、ちゃんとしたスタンドが必要だと思いカメラマウントのスタンドを購入。

 

 

 

 

 

 

組み立て済みで届くと思っていたらバラバラだった。
思っていたより小さくてコンパクト。

 

 

 

 

 

壁に取り付ける時のネジ穴などが見えないのでスッキリしている。

 

 

 

 

 

カメラマウントなのでしっかり取り付けできます。

 

 

 

 

 

家の外の防水コンセントから電源を延長して来るんだけど、これが一番悩んだところ。
野外用の電源タップしかないかなと思って調べてみるとアイリスオーヤマ 簡易屋外タップ KOC-1と言うのを見つけた。
外付けできる延長タップで多少の雨でもしのげそう。
ところが数年前に生産中止していたので購入することが出来ないと思っていたらヤフオクで未使用品が出品されていたので速攻で落札しました。

落札したあとに調べていたら見つけたんだけど似たようなコンセントが新東電器 防雨電源ボックスという名前で現行品で売っていた。
しかもコードの長さも自由に選べるタイプもあるし作りもしっかりしていそうなので先に見つけていたらコッチを買いたかった。

 

 

 

 

 

簡易屋外タップから延長コードをモールに入れてカメラの場所まで配線しました。

 

 

 

 

 

柱にPVKボックスをネジ止めして、その中にカメラのアダプターを収めます。
Swingのカメラの映る位置を確認しながらカメラスタンドも柱にネジ止めして完成です。

 

 

 

 

 

我ながらうまく設置出来たと思います。
カメラを動かしてみたんですが、なかなか思ったような動きはしてくれないですね。
設定した角度をクルーズするだけなら良いんですが、追跡をしようとするとうまくいかない。
人がいても追跡しない時もあるし、木の葉っぱなどに反応してぜんぜん違うところを向いたままになったり。

またatomcam_toolsを入れて設定してもやっぱり思ったような動きをしてくれない。
安いカメラだからこんなもんなのか、ファームウェアがもっと進めばちゃんと動くようになるのか・・・

とりあえず目立たなく、キレイに取り付けられたことに満足しました。

GitHub

Contribute to mnakada/atomcam_tools development by creating …

Advertisements
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。