サンワサプライ ワットモニターでパソコンの消費電力を測ってみた。


Core-i3 8300で録画サーバーを作ってみたけど果たして消費電力はどのくらいなのかと思い購入して計測してみました。
選んだのはサンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N

 

消費電力(W)、積算電力量(KWH)、積算時間(H)、積算電力料金、二酸化炭素量の5種類が計測出来ます。

 

 


中身は本体と説明書。

 

 


壁のコンセントに直接挿すのが良いんでしょうけど、場所的にディスプレイが見づらい場所なので延長コードで見やすい場所まで伸ばしました。

 

 

早速Core i3-8300録画サーバーを測ってみます。
構成は CPU8300、SSD1個、2TB HDD1個。
アイドル時で31w前後でした。
意外と省電力なんじゃないでしょうか。

SSD1個とHDD1個の状態ですが、ここにHDDをもう1個付けてみると+10wほど高くなりました。
そう考えるとHDDをSSDに置き換えると25w位になるのかな~

 

 


ベンチ回しても86w~90wあたり。
100wには行きませんでした。

 

 


続いてメインPCのCore i7-8700Kを測ってみました。
構成はCPU 8700K、グラボGeForce GTX 1060、M.2SSD1個、2TB HDD1個、4TB HDD1個、本格水冷のポンプなど。
アイドル時でだいたい100w前後をうろうろ。

 

 

ベンチ回して見ると260wくらいでした。
良いグラボを載せていないからかもだけど、思ったほど電力食ってない感じがします。

でもあれですね、ワットモニターを買って計測して満足したら意外と使いみちがないというか・・・
もっと安いモデルでも良かったかな・・・

Advertisements
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。