水冷CPUブロック交換。

パソコンのケースをFractal Design Define7に入れ替えましたが、その時に発覚した水冷のCPUブロックからのクーラント漏れ。
その時はネジを締め込んで組み付けしましたが、やっぱりクーラント漏れするっていうか、もっとひどくなったので急遽新しくCPUブロックを購入しました。

 

 

今まで使っていたEKWB製のブロックが欲しかったんだけどPCケースを買ったばっかりなので予算がない。
でもすぐに交換しないと不安ってことでBykski CPU Water Block for INT D-RGBを購入してみた。
実はこれAliexpressでよく見かけた中華製のやすいCPUブロック。
日本のショップで3500円くらい。
EKWBだと安くて1万円からだから相当安い。

 

 

ちゃんとCoolingLabから購入したので検品されていて安心感があります。

 

 

パッケージとかはやっぱり安っぽい。

 

 

付属品の欠品はなし。

 

 

やっぱり安いだけあって作りが雑。
3500円ならこんなもんかって感じ。

 

 

パット見は良さそうだけど並べて比べると値段相応かな。
EKWBは高いけどそれだけ質感も良いのがわかる。

 

 

裏側。EKWBは銅プレートだけどBykskiはニッケルメッキ。

 

 

EKWBの水漏れの原因を探るためにばらしてみた。

 

 

2年間メンテ無しだとこんなに汚れが溜まってた。
見る限り割れもないからやっぱパッキンの劣化なんじゃないかな。

 

 

なかなか取り付けしにくい。
やっぱりここでもEKWBは取り付け方もよく考えられてるなと思う。

 

 

しばらく回してみましたがクーラント漏れはありません。
一応ベンチマーク回してCPUに負荷かけてCPU温度を見てみましたが普通に冷えてる。
EKWBと比べても1度~2度高い気がしないでもないけど、室温も違うし構成も変えたから誤差の範囲だと思う。
取り敢えずで購入しましたが、この値段で普通に冷えるなら文句ないかも。

CoolingLabで売っているならそうそう変な物じゃないと思うし、今まで安すぎて逆に手が出せなかった商品だけど普通に使えるので本格水冷始めてみたい方が試しに買ってみるのは良いんじゃないでしょうか。

Advertisements
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。