WR250Xとお別れ。

13年ほど所有していたWR250Xとお別れをしてきました。

 

 

ここ数年は年に1度近所を走るくらいで全然乗る機会がなくなっていた。
でも売るのにはもったいないし、これ以外に乗りたいバイクも無いしでカバーかけて置いてあるだけでした。

 

 

 

売るのはもったいないと思っていても年数が経っているので、これからエンジンやらなんやらの不都合が出ても自分で対処出来ないし、そこから売りに出したら買い叩かれるだろうし。
なんとなく今年は色々環境に変化がある年だなと思っていたので思い切って手放すことにしました。

数日かけてノーマル状態まで戻します。

 

 

 

カスタムしたのが13年前なので、どこを何やったのか覚えていなくて探り探りでバラしていったので思った以上に時間がかかった。
サービスマニュアルを買っておいて本当に助かった。

 

 

 

ノーマル顔なんて納車以来です。

 

 

 

全部元に戻したと思って写真を撮っていたら、サイドカバーを交換していないことに気づいた。
買取に持っていく前に気づいて良かった。
やっぱりサイドカバーはホワイトの方がカッコいいな。

 

 

 

どこに買取してもらうのかはネットで検索して悩みに悩んだ。
出張買取を頼もうと思っていたけど、ひとまずレッドバロンで買取査定だけしてもらおうと最後のドライブに。

 

 

年式だけ古いけど走行距離もそこまで多くないし、傷や不都合も無かった。
ACIDMというシャシダイで測定もしてしっかりパワー出ているしアライメントも狂っていませんでした。

そして出てきた買取金額がだいたい想像していた金額だったので、粘って1万円上乗せしてもらい引き取ってもらうことに決定しました。
すぐに現金が必要で手放すわけじゃないので2ヶ月間委託することになりました。
2ヶ月の間に買い手が見つかれば数万円上乗せられるし、見つからなくても買取金額での買取になる。

コロナで中古バイクの人気が出て店頭在庫がかなり減っていて球数を増やしたいっていう理由もあり納得できる金額だったと思います。
ここから買取業者を手配して相見積もりしてもらうのも面倒くさいし、大幅に買取価格が増えるとも思わなかったし。

 

 

 

所有期間:2008年4月6日~2021年5月14日
走行距離:18,963km

このバイクが最後のバイクになるかもしれないですね。
バイクを置いていた場所がぽっかり空いていてかなり寂しい。
とは言えここ数年は手放すかどうしようか悩んではいたのでひとつ肩の荷が降りた気がする。
東京時代から13年間どうもありがとう。

 

Advertisements
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。